地域の安全と安心を守るために活躍~消防・防災技術習得、火災発生時における消火活動、大規模災害発生時における救助作業に従事

 

ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルしました。
今後ともよろしくお願いします。

第48分団

第48分団所在地は旧新治地区の小高というところで、近くに砕石所があり、すぐとなりはつくば市です。
とても小さな地区で、部員は全員サラリーマン、その他いろいろと活動していくのにとても苦労しています。
それでもみんな仲がよく、そして個性的です。
今後消防団がいろいろな面でもっと合理的に活動しやすく変化していくこと、そして災害がないことを望んでいます。

第47分団

第47分団第5方面隊第47分団東城寺消防団です。緑あふれる山々に囲まれた土浦市の外れを、日々目を光らせて警戒しています。
年齢層は高いですが、一致団結消防魂全開で活動しています。

第46分団

第46分団第46分団(小野消防団)は、分団長以下9名の団員で活動しています。我々の地区は山の裾野にあり、60戸足らずの世帯しかありませんが、清滝寺、向上庵、日枝神社と歴史ある文化財を保有しています。
これらの大切な財産を守るため、日頃から防災意識を高く持ち、活動していきたいと思っております。只今、団員募集中です。

第45分団

第45分団第45分団(旧新治 大志戸地区)は、パープルライン入口付近のの分団です。平成19年度優良分団の表彰を受けました。とてもまとまりのある分団で、みんな良いやつです。大志戸のお婿さんに来て、消防団に入りませんか。0(^0^)0

第44分団

第44分団我々本郷消防団は平成20年の4月から土浦市との合併により新治支団第3分団第3部から第44分団に変わりました。私たちは普段の日はそれじれ仕事をして火災発生時には仕事を中断して駆けつけます。
消防団の主な活動内容としては火災時の消火活動や、その後の片付けや様々な火災発生時の救助、救出活動があります。

毎月1日・15日には夜警をしており、また毎年7月にはポンプ操法競技大会があり、5月の連休明けから仕事が終わってから練習をしています。また地元で行う野焼きにも協力し、そのほか様々なことにも協力をし、いろいろな活動をしています。

第43分団

第43分団第43分団の担当地区は県立中央青年の家の麓の永井地区です。現在団員は23名おり、その多くは土浦市消防本部の普通救命講習受講済みです。
団員の結束力は非常に高く、地域住民から信頼される消防団を目指して防災防犯活動に日々精進しております。

第41分団

第41分団私たちは、土浦市消防団第41分団です。
場所は、土浦市沢辺(旧新治村)にあります。現在団員は22名、所属団員の年齢は、40?20歳という幅広い年齢で活動をしています。

また、秋には消防団一丸となって、祭りに参加し、地域振興及び火の用心という感じでも活動しています。お互いに協力し年齢関係なく穏やかな感じでやっていますので、もし担当地区の方で入団したいと思う方は喜んで待っていますのでよろしくお願いします。ちなみに女性の方でもokですよ。
以上、地域安全、火の用心に日夜頑張っています沢辺消防団です。

第40分団

第40分団土浦市消防団第40分団は、旧新治地区田宮に配置されており、14名の団員で構成されています。
われわれは「自らの郷土は自ら守る」という郷土愛護の精神で、日々精進しております。火災発生時、また水害などにも迅速に駆けつけ、地域住民の生命財産を守ります。

第39分団

第39分団第39分団の所在地は、旧新治地区の田土部というところです。住民の安心・安全のため、夜警パトロールをしています。現在14名の団員で、地域のためにこれからも精進して行きたいと思います。

土浦市消防団~地域の安全と安心を守るために活躍
〒 300-0036 茨城県土浦市大和町8-21

© 2018 土浦市消防団 All Rights Reserved.